牌の組み合わせとアガリ

■牌の組み合わせの基本

麻雀は規定の組み合わせになったときにアガリといい、点数をもらえます。 組み合わせの基本は、同じ牌2枚をそろえる雀頭(ジャントウ・アタマ)、同じ種類の数牌で連続した3枚をそろえる順子(シュンツ)、同じ牌3枚をそろえる刻子(コウツ)があります。

【アタマ】
同じ牌2枚をそろえます。


【シュンツ】
同じ種類の数牌で連続した3枚をそろえます。 「891」「912」のように9と1をつなげることはできません。 また、「東南西」「白発中」など字牌でシュンツを作ることはできません。


【コウツ】
同じ牌3枚をそろえます。


■アガリ

麻雀は基本的に、2枚の組み合わせを1組と3枚の組み合わせ4組の14枚をそろえると和了(アガリ)といい、点数をもらえます。 アガリ方は自分の順番でアガる(ツモ)か、他の3人の誰かが捨てた牌でアガる(ロン)方法があります。


ロン

■麻雀関連書籍

麻雀はより多くの知識を持っていると勝率が上がるといわれています。 多くの本を読んで知識を深めましょう。