親決め

■親決めとは

麻雀は、「東家」「南家」「西家」「北家」が順番に回ってきます。 「東家」を親といい、ゲーム始めの「東家」を決めることを親決めといいます。 特に、ゲーム始めの親を起家(チイチャ)と呼びます。

■サイコロの目について

麻雀では親やどこから牌を取るかなどを決めるときに、2つのサイコロを使用します。 サイコロ2つの合計で、親を決めたりどこから牌を取るかを決めたりします。 サイコロを振る人が2つのサイコロを同時に振り、自分を起点(「1」)として左回りに「2」「3」「4」…と数えて親やどこから牌を取るかなどを決めます。 サイコロ2つの合計で「1」は出ませんので、サイコロを振る人を「5」「9」と覚えておくとよいでしょう。



■親決めの方法

  1. 親決めの前に…

    • 場所決めを行います。場所決めで「東」を取った人が仮東(カリトン)となりますので覚えておきましょう。
    • 麻雀卓上で牌をガチャガチャと混ぜ合わせます。牌を混ぜることを洗牌(シイパイ)といいます。
    • 各人が牌山(ハイヤマ)を積みます。牌山は上17枚下17枚の2段で34枚になるように積みます。

  2. 仮東(場所決めで「東」を取った人)が1回目のサイコロを振ります。 サイコロは、2つ同時に牌山で囲まれた四角の中に振ります。 ここでは仮東のDさんがサイコロの目「6」を出したとします。



  3. Dさんから6の目にあたるCさんが2回目のサイコロを振ります。 ここではCさんがサイコロの目「3」を出したとします。



  4. Cさんから3の目にあたるAさんが親に決定します。 Aさんから親が始まったことが分かるように、Aさん席の卓上右端にチイチャマークを置きます。



■自動麻雀卓

親決めの前に洗牌や牌山を積む手順がありました。 自動麻雀卓があれば、これらを自動麻雀卓がやってくれます。 麻雀ファンにとってあこがれのグッズです。