テンパイのいろいろ

■テンパイとは

聴牌(テンパイ)とは、あと1枚でアガリになる状態のことです。 テンパイには、リャンメン待ち・カンチャン待ち・ペンチャン待ち・シャンポン待ち・アタマ待ちなどいろいろな形があります。 以下の例では「7筒」でアガリです。

【例】

アガリ牌

■リャンメン待ち

両面(リャンメン)待ちは、順序を作る隣り合った2枚の牌の両側で待つテンパイの形です。 アガリ牌は2種類8枚あり、テンパイの基本です。


アガリ牌
 
アガリ牌
 
アガリ牌
 

■カンチャン待ち

嵌張(カンチャン)待ちは、順序を作る数がひとつとんでいる2枚の牌の間で待つテンパイの形です。 アガリ牌は1種類4枚で、リャンメン待ちの半分です。


アガリ牌
 
アガリ牌
 
アガリ牌
 

■ペンチャン待ち

辺張(ペンチャン)待ちは、順序を作る数が「12」で3か「89」で7を待つテンパイの形です。 アガリ牌は1種類4枚で、カンチャン待ちと同じでリャンメン待ちの半分です。


アガリ牌
 
アガリ牌
 
アガリ牌
 

■シャンポン待ち

双碰(シャンポン)待ちは、同じ牌2枚が2組あり、どちらかを待つテンパイの形です。 アガリ牌は自分ですでに4枚使用しているため2種類4枚です。 アガリのときに3枚にならなかったほうがアタマになります。


アガリ牌
 
アガリ牌
 

■アタマ待ち

雀頭(アタマ)待ちは、アタマだけがまだできていない状態のテンパイで、単騎(タンキ)待ちともいいます。 自分で使用している1枚以外の3枚を待つので、アガリ牌は1種類3枚で、カンチャンやペンチャンよりも枚数が少なくなります。


アガリ牌
 
アガリ牌
 
アガリ牌
 

また、以下例のように複数のアタマで待つアタマ待ちを延べ単騎待ち、略して延べ単(ノベタン)といいます。

【例】

アガリ牌
 
アガリ牌
 

■多面待ち

アガリ牌が3種類以上あるテンパイを多面待ちといいます。 上記で紹介した3種類のアガリ牌のあるノベタンも多面待ちの1種です。 多面待ちは、一見しただけでは待ちの判別が難しいものがあります。 ここでは代表的な多面待ちを紹介します。


アガリ牌
 

アガリ牌
 

アガリ牌
 

アガリ牌
 

■麻雀関連書籍

麻雀はより多くの知識を持っていると勝率が上がるといわれています。 多くの本を読んで知識を深めましょう。